花子 » 料理のコツ » 野菜嫌いな子にはこのレシピ!

野菜嫌いな子にはこのレシピ!

読了までの目安時間:約 5分

野菜嫌いな子には
このレシピ!を
ご紹介します。


スポンサードリンク




子供はなぜ野菜が嫌い?



子どもは2~3歳くらいになると
食べ物の好き嫌いが
たくさん出てきますよね。


特に野菜は、食べて欲しい
お母さんの気持ちとは逆に
嫌がるばかりではありませんか?


実は小さな子供ほど
生きるために大切かどうかを
とても繊細に舌でさぐり分けているのです。


味覚5種類


味覚に対し、体は以下の様に判断します。
甘味:炭水化物や脂質
旨味:たんぱく質と脂質


辛味(塩辛い):ミネラル
苦味:毒
酸味:腐敗


野菜は少し、苦みや酸味があったりするため
子どもは本能的に、そういう
特徴のある野菜が苦手になるのです。


そんな苦手な野菜を
子供に美味しく食べてもらうため
おすすめレシピを紹介します。

hanako (15)

苦手野菜ランキング1位:ピーマン



ピーマンとジャガイモのカレー味きんぴら


①ピーマンを縦に千切りし、
 ジャガイモも千切りする。
 フライパンに油を入れて温める。


②先ほどのピーマンとジャガイモを
 炒め、塩とカレー粉で
 味を調えたらできあがり。


ピーマンは縦切りにすると
繊維が壊れないので
苦みも少なくなります。


ピーマンを買う際、
ヘタの部分が五角形のものより
六角形のものの方が苦みが少くおススメです。


ツナを加えてみたり、
味付けにソースやケチャップを
加えるとより食べやすくなりますよ。


苦手野菜ランキング2位:にんじん



にんじんごはん


①お米2合に、すりおろしにんじん2本を入れ
 水をメモリのところまで加えて、コンソメを
 小さじ2杯、塩ふたつまみを入れて炊きます。


②炊き上がれば、
 バター10gくらいを入れ
 混ぜてもおいしいです。


ウィンナーや、ツナ、
レーズンなどお子さんのお好みの
具材も入れると喜ばれますよ。


こんなにたくさん!
と思いますが
きれいな色に炊き上がります。


独特の青臭さもありませんが
まずはケチャップライスに
試してみるといいでしょう。


ケチャップの量も
控えることができるので
薄味の味付けにもできます。


キャラ弁作りにも
活用できるので
きれいなオレンジ色が生えますね。


スポンサードリンク



苦手野菜ランキング3位:ほうれん草



ホウレンソウのグラタン


①ホウレンソウをさっと茹で
 水にさらしたあと
 適当な大きさに切っておく。


②市販のグラタンの素などで
 ホワイトソースを作り
 最後にホウレンソウも加える。


③耐熱皿に入れ、その上に卵を割り入れ
 チーズを散らせば、焦げ目がつくまで
 トースターで焼きあげ出来上がりです。


ほうれん草の嫌なえぐみも
茹でることで取れますので
ぜひ茹でてから調理してくださいね。


小さく刻むということは、バレないよう
栄養素を摂るという方法ですが、
賛否両論あると思います。


野菜それぞれの栄養素など
子どもに知ってもらった上で
食べて欲しいものですね。


食卓での食材についての
会話を増やしてみることは
大切かもしれません。


自分で作って学ぶ



子どもと一緒に、野菜を使って料理してみましょう。
野菜を洗わせるだけでも、子どもは
新発見や自分に任せてもらえると喜びます。

4
料理だけではなく、
野菜を作ることから
始めてみるのもいいですね。


ベランダやお部屋で
育てられるキットが
100円ショップにもあります。


トマトが赤くなる
様子などは、子供に
とても楽しんでもらえるはずです。


自分で採った野菜が
酸っぱくても苦くても、育てる上での
経験から得るものはたくさんありますよ。


スポンサードリンク






人気ブログランキングへ

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
気になる話題Pickup!
人気記事一覧
管理人プロフィール