花子 » 季節行事 » 出産 » 出産を控え、知っておきたいこととは?

出産を控え、知っておきたいこととは?

読了までの目安時間:約 6分

出産を控え、
知っておきたいことを
お伝えします。


スポンサードリンク




お腹の中に
新しい命が宿り
もうすぐ赤ちゃんとご対面。


緊張と共に不安も押し寄せてくると思いますが
出産が終われば、その不安はどこへやら
となる程幸せに満ち溢れます。


そんな出産を控えた今だからこそ
知っておきたいことを
いくつかご紹介していきたいと思います。


妊娠線のためにボディクリーム!



妊娠した方の8割が悩むことは、妊娠線です。
急激な体の変化に対応するために
皮膚が伸びて体に線が出来てしまいます。


そして、一度付いてしまうと
なかなか消えることは
ないと言われています。


そんな妊娠線を、完璧に消すことは出来ません
薄くすることは出来るのですよ。
それは、ひたすらボディクリームを塗ることです。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-CRI_IMG_6013-thumb-1000xauto-18016
妊娠線が出来る
理由の一つとして、
肌の乾燥も原因となっています。


お風呂上りだけではなく、少しでも気になれば
ボディクリームを塗ることが
妊娠線を出来にくくする最大の予防策です。


ここで覚えておいてほしいことは、
妊娠線がお腹だけではなく、胸や脇、
お尻や太ももなどにも出来るということです。


ボディクリームは
お腹だけではなく
体中にまんべんなく塗りましょう。


赤ちゃんの準備を整えておく



無事に出産が終わってから
赤ちゃんと触れ合うときに
必要なものは用意しましたか?


私は初めての出産終了後に
あれがない、これがないと騒いだ一人なので
これだけは声を大にしてお伝えしたいのです。


出産が終わった後に、必ず必要なもの
赤ちゃんの紙おむつと授乳用のガーゼ、
新生児用の肌着(4~5枚)です。


紙おむつに関しては、病院から支給される
ところもあると思いますが、その場合は
自宅に保管しておくだけでもとても助かります。

a0006_001002
授乳用のガーゼは、赤ちゃんの
初めての授乳でどうしても上手く吸えずに
こぼしてしまうことがあります。


その際に洋服などで拭いてしまうと、赤ちゃんの
繊細な肌を傷つけてしまうことがあるので
ガーゼで拭いてあげることが大事なのです。


そして、赤ちゃんの
体温調節のために
新生児用の肌着は必要です。


夏場の出産でも、赤ちゃんは
体温調節が上手く出来ないので、長袖の肌着を
2枚ほど用意しておくことをオススメします。


その他、おもちゃや洋服などは
追々用意できるものなので、とりあえず
この三つは必ず用意していただきたいです。


スポンサードリンク



ママのケアも怠らない



赤ちゃんにばかり気を取られていて
久しぶりに自分の顔を鏡で見たら肌がぼろぼろ…
実はこれ、妊娠あるあるなのです。


妊娠中は、ママが摂取した栄養の1/3以上は
赤ちゃんの下へといってしまうため
その分たくさんの栄養が必要となります。


鉄分やカルシウムは
妊娠前の食事よりも
多く摂取しなければなりません。


また、妊娠をきっかけに
もっとも必要となる葉酸など、
ママにとって必要な栄養素はたくさんあります。


鉄分が少なくなれば、貧血になりやすくなり
カルシウムが減ってしまえば
歯はボロボロになります。


そして、ビタミンが不足すれば
肌はカサカサになります。
大変ですが、そんなの嫌ですよね。


ですので、体に必要な栄養素を
バランスの良い食事で摂取しながら
歯医者に行って虫歯の治療をしておきましょう。


食事でも不足しがちな
栄養素についてはサプリメントなどを
利用することも大事です。

6b4fdbe2372ec201f64b3b09bab972dd_s

出産前はよく歩きましょう



出産に一番必要なことは、とにもかくにも体力です。
自然分娩ならなおさら体力が必要ですので、
出産前にぜひ体力をつけていただきたいのです。


しかし、妊婦さんは腹筋や背筋など
出来ませんし、腕立て伏せなんて
お腹が地面にくっついてしまいますよね。


そんな重労働はしなくてもいいのです。
体力の中でも特につけて頂きたいのは、「持久力」。
だからといって、走り回ってはいけません。


持久力をつけるためには
ただひたすら
歩くだけで大丈夫です。

1b9e3d7b773227b8fd6f439cb540fc2c_s
臨月に近づくと
お医者様からも「とりあえず歩いてください」と
指示があります。


それは、赤ちゃんが下に下がってくるように
という意味もありますが、必要最低限の体力
身につけてもらうためでもあるのです。


ですので、近所へちょっと
お散歩に行ったり、運動公園のグラウンドを
歩きに行ったりしてみましょう。


本当にそれだけで
妊婦さんに必要な
持久力が身に付くのです。


人によって個人差のある出産時間を
無理なく乗り越えるためにも
今のうちに体力をつけておくことは大事です。


いかがでしたか?
私も出産を二回経験しているのですが
経験で得た知識をご紹介いたしました。


ゆとりのあるマタニティライフを送ることが一番
なので、赤ちゃんに会える日を楽しみにしながら
いろいろ準備などをしていきたいですね。


出産は大変ですが
喜びはそれ以上ですから
出産頑張ってくださいね!


スポンサードリンク






人気ブログランキングへ

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
気になる話題Pickup!
人気記事一覧
管理人プロフィール