花子 » 健康 » 目を大切に!目に良いもの・良いこと

目を大切に!目に良いもの・良いこと

読了までの目安時間:約 5分

目を大切に!
目に良いもの・
良いことをお伝えします。


スポンサードリンク




現代人の目の問題



現代人の目は疲れ切っています。
職場では何時間も
パソコンとにらめっこしていますよね。


家に帰ればネットサーフィン、
行きや帰りの電車内でも
スマートフォンをいじっています。


つまり、1日中
液晶画面を見続けている
と言っても過言ではありません。


目が疲れると、肩が凝るなど悪循環に陥ります。
毎日ビタミン剤を飲むことも
気が引けませんか?


では、どうすればよいでしょう。
今回、目に良いものや目に良いことを
ご紹介したいと思います。


目に良いもの



①ビタミンA
 うなぎやレバーに
 多く含まれています。


 網膜に栄養を与え
 視力の低下を抑えたり
 白内障を防ぐ効果がありますよ。

jkjhh (11)
②ビタミンB1・B2
 B1は豚肉、にんにく、ピーナツなどで
 B2は牛乳、卵や納豆などに含まれます。


 目の疲れを軽減させたり
 働きを良くする効果があります。


③ビタミンE
 えび、イカ、かぼちゃなどに含まれ、
 ドライアイの予防効果があります。


④ルテイン
 ブロッコリーやケールに含まれ、
 白内障や飛蚊症予防に効果があります。
 
 
⑤アントシアニン
 目に良い食べ物の代表格のブルーベリーに
 多く含まれ、目の疲れを取る効果があります。


その他にも、リコピンや
ビタミンC、亜鉛も
目に良いですよ。


これらの食材を
意識して普段から
摂るようにしましょう。


これだけの食材を集めることも
料理することも面倒だという方には
気軽に摂れるサプリメントもあります。


しかし、サプリメントは
補助する役目が大きいので、
なるべくなら食材から摂取したいものですね。


スポンサードリンク



目に良いこと



目に良い物は分かりましたが
目に良いことは
いったい何でしょうか。


①小まめに休憩をとる。
 パソコンの作業や、スマートフォンの画面を
 1時間見たら、休憩をとるように心がけましょう。


 毎時10分程休憩をとると決め、
 タイマーを使うなどして
 小まめに休憩をするようにしましょう。


②十分な睡眠をとる。
 睡眠はとても大事なことです。
 目の疲れをしっかり取りましょう。


 次の日に備え、7~8時間程の
 睡眠をとるようにして下さいね。
 睡眠は美肌作りにも効果がありますよ。


③姿勢は正しくする。
 姿勢が悪いと、パソコンやスマホの画面に
 不必要に目を近づけることになります。


 それにより目が疲れたり
 負担がかかるので、姿勢をキチンとして
 ある程度の距離を保つようにしましょう。

gitogf (15)
④PCメガネを使う。
 最近は、パソコン画面から出るブルーライトを
 カットしてくれる専用のメガネがあります。


 近眼や老眼鏡のレンズに、予めこの効果が
 付いているものもありますので、
 メガネを購入される時には意識してみて下さい。


これらの方法を
上手く組み合わせて
目に疲れを残さないことが大切ですよ。


目のために気をつけること



目に良いことに挙げたものの
反対の行動は避けて頂きたいのですが
その他、気を付けることも挙げていきます。


まず、よく言われていることですが
寝る3時間前には
パソコンなどの使用をやめましょう。


とても目に良さそうなことですが、
現代人には少し難しそうですね。
まずはできる範囲で挑戦してみましょう。


また、部屋の明かりが不十分な
場合もありますので、本を読んだりパソコンの
作業をする際は、デスクライトを使ってください。


いかがでしたか?
できることから積極的に始めて、普段から
目の負担を無くすように心がけてみて下さい。


スポンサードリンク






人気ブログランキングへ

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
気になる話題Pickup!
人気記事一覧
管理人プロフィール