花子 » 赤ちゃんの悩み » 赤ちゃんにはベットか布団どちらが良い?

赤ちゃんにはベットか布団どちらが良い?

読了までの目安時間:約 4分

赤ちゃんにはベットか
布団どちらが良いかを
お伝えします。


スポンサードリンク




赤ちゃんが眠っている時間は?



生まれたばかりの赤ちゃんは
1日20時間程眠っています。
快眠な睡眠環境を整えてあげてあげたいですよね。


ベビーベットは、狭い日本の住宅事情では
デザインやサイズ、また購入するか
しないかを悩んでしまいます。


日本では布団を敷いて寝る家庭が多いですから
生活環境によって
布団でもベビーベッドでも構いません。


おうちの生活環境



赤ちゃんの他に
ご兄弟はいますか?
ペットはいますか?

57
ベビーベットは高さがある分
抵抗力の弱い赤ちゃんを
ホコリから守ってくれます。


そのうえ、兄弟やペットに
うっかり踏まれてしまう
心配もありません。


赤ちゃんがいるから
兄弟はじっとしていなければ
ならないというのも可愛そうですからね。


布団だと、ペットがいなければ兄弟が学校の間は
布団を敷いて、ママの家事をするそばで
寝かしておくことができますね。


ベビーベットを購入する前に



購入する前は
置く場所と使う際の
イメージを持ちましょう。


使う場所が寝室の場合、両親はベットか布団か、
家事や家族の生活の中心になるリビングの場合
大きさはどのくらい取れるかなどです。


リビングの場合、騒音や
エアコンの風が
直接当たる場所は控えましょう。


両親がベットならば
ベビーベッドの高さが
同じだと安全で便利です。


片側の柵が下ろせるタイプを選べば
添い寝ができ、ママが寝ている間に
赤ちゃんを潰してしまう事故も防げますよ。


スポンサードリンク



布団は赤ちゃん用が必要



座布団や大人の布団で、少しの間
代用することはあっても
普段は赤ちゃん用の布団を用意しましょう。


赤ちゃん用のマットレスや敷き布団は
急に寝返りが始まる赤ちゃんの
窒息事故を防ぐ為に硬めになっています。


大人には寝心地の良い低反発の敷き布団や
ふかふかの敷き布団は、赤ちゃんの
窒息原因になりますから必ず注意が必要です。


掛け布団は臨機応変に使いましょう。
生まれたての赤ちゃんは、掛け布団が大きすぎて
口を覆ってしまったり重すぎることもあります。


季節にもよりますが
タオルやブランケットでも
十分です。

3
布団ではありませんが
ふわふわの大きなぬいぐるみにも注意が必要です。
睡眠時は赤ちゃんから離しましょう。


各家庭の生活環境や、赤ちゃんが眠る場所
ママとの距離などからベビーベットか布団かを
決めていくといいですね。


一番大切なことは
赤ちゃんを事故から
防ぐことです。


急に寝返りを始めたり
嘔吐による窒息や、体調の急変に
ママがすぐに気づけるようにしましょう。


常に赤ちゃんの様子が
目に届くような配置や布団選びを
心がけましょう。


スポンサードリンク






人気ブログランキングへ

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
気になる話題Pickup!
人気記事一覧
管理人プロフィール