花子 » 映画 » ベイマックス » ベイマックスの映画のあらすじや感想

ベイマックスの映画のあらすじや感想

読了までの目安時間:約 5分

ベイマックスの映画のあらすじや
感想について書いてみました。


スポンサードリンク




第87回アカデミー賞の長編アニメーション賞を
受賞した「ベイマックス」とは
どのような映画なのでしょうか?




「ベイマックス」とは、ディズニーが製作し
2014年12月20日に日本初公開されたアニメ映画です。




同年3月14日に日本初公開となった
ディズニーの「アナと雪の女王」が大ヒットと
なったことから、注目が集まっていました。



主人公のヒロ(14歳)は3歳の頃に両親を亡くし、
兄(タダシ)と叔母(キャス)、猫(モチ)の
3人と1匹で暮らしていました。


、タダシは、サンフランソウキョウ工科大学に通う
大学生。タダシと同じ研究室の4人の友人たちは、
各々独創的なロボットの研究に励んでいました。



そんな兄タダシを凌ぐほどのロボット作りの才能を
持っていたヒロですが、非合法のロボット・ファイト
ばかりしていました。


ある日、そんなヒロをタダシが自分の研究室に
連れて行きます。そして、人々の心と体を癒して
くれるケア・ロボット「ベイマックス」と出会い、
同じ大学に進学することを決意します。


スポンサードリンク



しかしその後、兄タダシが原因不明の火災で
亡くなってしまいます。


タダシの死の真相を突き止
めるため、ヒロとベイマックスが協力し、
物語が進んでいきます。




ヒロとベイマックスのやり取りが非常に面白く、
とにかくベイマックスが可愛い。


「監督が訴えたいメッセージ」が伝わってきて、
心に染みるベイマックスは子どもから大人まで
幅広い年代層で楽しめる映画作品です。



ベイマックスの原作と映画の違いについて


ベイマックスの原作はマーベル・コミックスから
刊行された「Big Hero 6」というアメコミです。



マーベル・コミックスの代表的な作品は、
スパイダーマン、アイアンマンなどのヒーローもので、
ディズニーのイメージはありません。



原作の「Big Hero 6」も映画「ベイマックス」とは
全く内容の違う、ヒーロー漫画です。


また、原作の6人のメンバーは全て
日本人の設定なんです。

知っていましたか?


原作と映画ではキャラクターの設定や、
名前など変更点が多いので、
気になる方は調べてみると面白いと思います。

ベイマックスのグッズでオススメなものはどれ?


まずは映画館限定グッズです。
上映期間中に映画館だけで売っているグッズですが
通販でも買える可能性があるようです。




ぷにぷに癒しスクイーズマスコット(880円)
握ると弾力のある素材でできたベイマックス。


ベイマックスの可愛さがそのまま表現されている
グッズで、ファンにはたまらない商品ですね。




その他にもマグカップやエコバッグなどの実用的な
ものから、定番のクリアファイルセット、使い道が
わからないメダルまで・・・


探せば本当に、いろんなグッズがあります。


ディズニーで販売されている商品とは
違うようなので、欲しいと思ったら買っておいた方が
後悔しないかもしれません。


次は、通販で買えるグッズです。




これは、本当にたくさんの種類があります。
缶バッジ、シール、爪磨きなどの小物から、
ちょっと大き目なぬいぐるみまで。


ぬいぐるみは、やはり人気があるようで、
3,000円台から10,000円を超えるものまであり
ます。4月中旬再入荷予定となっているものが多い
ので、かなりの人気がうかがわれます。


アナ雪やベイマックスと絶好調の
ディズニー映画から目が離せないですね。


スポンサードリンク






人気ブログランキングへ

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
気になる話題Pickup!
人気記事一覧
管理人プロフィール