花子 » 家族旅行 » キャンプ » キャンプ道具や楽しみ方って?

キャンプ道具や楽しみ方って?

読了までの目安時間:約 9分

キャンプ道具や楽しみ方を
ご存知ですか?


楽しいキャンプシーズンを
送るため、失敗しない
キャンプ術をお伝えします!


スポンサードリンク




初めてキャンプに失敗しない持ち物リストは?



キャンプといえばテントでしょ!とは言っても、
キャンプ場にもコテージやバンガローといった
テントを必要としない楽しみ方もあります。


そんなキャンプを失敗しないために、
必要なグッズをまとめてみました。


・テント(設営が簡単なタイプをチョイスする)
・テントマット
 (テントの中に敷くカーペットのようなもの)


・タープ
 (テントと一緒になっているタイプもある)
・寝袋(シュラフ)


・折りたたみのレジャーテーブル
 (椅子と机がセットのもの)
・ランタン


・お鍋&食器類
・ガスコンロ(凝らなければカセットコンロでOK!)
・クーラーボックス


ざっと挙げれば、
上記のものがあれば
キャンプが出来ると思います。

87

よくあるパターンとしては、
スポーツショップに行って言われるがままに
キャンプ用品を揃えてしまうケースです。


大量に購入しすぎて、
整理ができなかったり、使わないグッズが
出てくることも多くあります。


多少の不便もキャンプの醍醐味なので
少しずつトライしながら、必要な物を
揃えていくのも楽しさ一つではないでしょうか?


キャンプ用品はメーカーも様々なので、
凝りだすとブランドを揃えてみたり
キリがありません。


ですから、少しずつゆっくりと家族を作るように
キャンプも少しずつ積み上げていくのが、
いいかと思います。


それに、最近流行りの
ユーズドショップに行ってみてください。
案外キャンプ用品が中古で出回っています。


本当に必要な物以外は
安く済ますのも
アイディアだと思います。


キャンプ用品の収納術



キャンプ用品は
収納が大事だということを
ご存知でしたか?


それは、キャンプ好きな家族は、
突然キャンプに行こう
言い出すものだからです。


ママにとっては大変なのですが、
キャンプ用品がすぐに用意できる状況を
常日頃から作っておく必要があります。

女性8

そしてそのためには、収納術が不可欠!
キャンプ用品をすぐに取り出せるよう、用途ごとに
収納ボックスにまとめておく必要があります。


できるだけ同じ大きさの
収納ボックスを利用すると、
収納する時も便利です。


そして車にまとめる時にも
ポイントが有ります。
出す順番や必要になる順番を予め想定しておくこと。


例えば、寝袋は就寝時まで要らないですよね。
こういった物は、最後使うということで
車には最初に積むと良いでしょう。


となると、テントは最後に積むということですね。
キャンプ場で最初にやることといえば、
テントの設営でしょうから!


子供達は、キャンプ場についてすぐに走り回って
出かけてしまうでしょうから、自転車やボールなど
遊びグッズもすぐ取り出せると良いですね。


スポンサードリンク



キャンプの夜の楽しみ方



昼間のキャンプも楽しいけれど、夕食を済ませ
暗くなってからゆったり過ごす
夜キャンプもまた格別に楽しいです。


GWとはいえ夜は冷えます。
そこで欠かせないのは焚き火です。


好きなお酒を片手に、みんなと焚き火を囲みながら
語り合ったり、トランプ等のゲームをしたり
団欒の時間を存分に楽しめます。


そして、最近我が家でハマっているのは天体観測。
天体望遠鏡と最低限の灯りを持って
人気の少ないところに移動します。


夜空を見上げれば、そこには満点の星空が!
キャンプ場の星空はとてもきれいで、
流れ星が見える事もありますよ。


キャンプ場での防寒対策



GWとはいえ、キャンプ場の
昼と夜は気温差が大きく、
夜はとても寒いです。


昼間は半袖で遊べる位なのに、
夜になると真冬並みに冷え込む場合もあるので、
防寒対策が必要です。


服装は、燃えにくく、乾きやすい素材のもので
重ね着できるものを何枚か用意し、
気温に合わせて調整しましょう。


テントの中の寒さは地面からきます。
寒さのあまり、眠れなかったと言う
ビギナーキャンパーの話をよく聞きます。


グランドシートや、フロアマットをしっかり敷いて
それでも寒い時は、ダンボールや新聞紙を間に挟み
地面から距離を取るようにするといいですよ。

d7e784dc5b35f812d4028eff61263997_s

キャンプ場の寒暖差は、激しいところも
あるので、10月も後半になると
子供が風邪をひいてしまうことも多くあります。


電源が借りれるキャンプ場であれば、
ホットカーペットを持って行き、テントの中敷きの
上に敷いて寝るとかなり暖がとれ、オススメです。


バーベキューグリルでできるお手軽メニュー



例えば、ホイル焼きのようなもの。
バーベキュー用のグリルの上に、天板
(又は使い捨て用のアルミバット)をのせます。


そして、魚介やきのこ、野菜を入れ
塩こしょうにバター、
白ワインを加えます。


ホイルで蓋をすると、
あっという間にアツアツな
蒸し焼きが出来上がります。


他にも、オイルサーディンの缶詰めの蓋を開け、
缶ごとバーベキューグリルの上で温め、
最後に醤油をたらせば簡単おつまみができます。


十字に切り込みを入れたカマンベールチーズを、
広げたホイルの上にのせ、パンや野菜につけて
食べる、チーズフォンデュもどきもオススメです。


キャンプならではのメニュー



一つ目は、野菜たっぷり鍋!
食材はなんでもokです。
お子様の好きな野菜や、ウィンナーや魚など。


味は市販のスープ、もしくは水炊きでもok!
キャンプに鍋?と思う方もいるかもしれませんが
真夏でも夜は意外と冷え込みます。


昼間にいっぱい汗かいて、
遊び疲れた体が
鍋によって一気に癒されますよ。



二つ目は、夜に是非やって頂きたい、
大人限定メニューの
ホットワインです。


大きめの鍋にワイン(2L入り1000円位の物でok)と、
りんごとシナモンを入れ、沸騰しないよう
弱火でじっくり温めて下さい。


りんごは厚さ1センチ程に、スライスして下さい。
お子様が生まれてから、
夫婦の時間がなくなった方におすすめです!


お子様が寝た後、星空見ながら
ゆっくり過ごす時間が
いい思い出になると思います。


どちらのメニューも同じ鍋でできます。
鍋やフライパン、色んな物を持っていくと
大変なので、一つの鍋で出来る料理は便利です。


昼間には、簡単に素麺や冷やし中華をしましょう。
暑いので食欲もあまりなかったりしますので、
冷んやり軽食がいいかと思います。


可能であれば、ホームセンターなどで、
樋(屋根から地面まで雨水を流す時に使うパイプ)
を買い、真っ二つにカットしてもらい
流し素麺をするのも楽しいかと思います。


そして、季節と場所にもよりますが、
山などでのキャンプなら、
あらかじめインターネットで調べましょう。

212115e18afa0e99ccf077ec72d0ad6c_s

食べても大丈夫な野草や、紅葉の葉を天ぷらに
して食べるなど、子供と一緒に自然を感じ
楽しみながら出来る料理はたくさんあります。


少し難しいですが、炊き込みご飯を作って
みんなでおにぎりを作るなどは、お子様にとって
ゲーム以外の楽しい時間が味わえます。


海の場合は、釣りや素潜りで、
獲れたてのお魚を刺身や塩焼きにして食べると
遊びながら食材が手に入るので一石二鳥です。


海は夜に懐中電灯を持って
岩場に行くとたくさんの
小さいカニがいます。


食べれないのですが、
夏休みなどの自由研究に
お子様と探検に行くのも楽しいですよ!


キャンプ場での楽しみ方も沢山あり、
経験の数だけ方法もあると思いますし、ゆっくり
確かめながら色んなキャンプを楽しんでくださいね。


スポンサードリンク






人気ブログランキングへ

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
気になる話題Pickup!
人気記事一覧
管理人プロフィール