花子 » 季節行事 » 入学式 » ランドセル » ランドセルの選び方オススメ

ランドセルの選び方オススメ

読了までの目安時間:約 6分

ランドセルの選び方
オススメについて
ご紹介します。


スポンサードリンク




購入時期や売れ筋が色々



来年小学校に入学する
お子さんがいるご家庭ではそろそろ
ランドセルの話題が出始めていると思います。


最近のランドセル事情は
昔とは様変わりして、夏前には
ランドセルの予約が始まっています。


その分、種類も大変豊富で
数多くの商品の中から
選ぶことが出来ます。


価格も昔より少し高い気もしますが
その分工夫を凝らしたり
素材にこだわったりされています。


今ではランドセルは
単なる小学生の鞄というだけでは
ないことがよく分かりますね。


そこで、ランドセルを選びたいけれど
何を基準に、どれを選べば良いのかわからない
と悩んでいる方は多いと思います。


そんな方々のために
ランドセルの比較を
してみたいと思います。


ランドセル人気5種類



・フィットちゃん クラリーノ
・天使のはね セイバン
・ララちゃんランドセル 羅羅屋


・ふわりぃ 協和
・萬勇鞄 
どなたも一度は耳にしたことのある名前ですよね。

ba7a0a4793b7d8c029ea3cfb8f7fe610_s
この5種類のランドセルは
もはやランドセル業界の定番ともいえる
大人気のランドセルです。


ランドセルの価格



・フィットちゃん:三万円台~六万円台
・天使のはね:四万円台~七万円台
・ララちゃん:三万円台~四万円台


・ふわりぃ:四万円台~五万円台
・萬勇鞄:四万円台~六万円台


各社いろいろなシリーズがあり
価格も差がありますが
全体的にはこのような価格になっています。


メーカー問わず
五万円台の商品に
人気があります。


ランドセルの軽さ



・フィットちゃん:約1040g~約1090g
・天使のはね:約1080g~約1270g
・ララちゃん:約1170g~約1260g


・ふわりぃ:約890g~約1120g
・萬勇鞄:約1200g~1500g


ふわりぃの890gは特別に軽いですが
大体1000g前後から
1200g前後が一般的ですね。


萬勇鞄の商品は
革にこだわりがあるせいか
他に比べると少し重めです。


スポンサードリンク



ランドセルの丈夫さ、耐久性、保証



六年間もの長い間使用する物で
あることから各社共に
丈夫さや耐久性には自信をもっていてます。


そのため、保証も充実している
メーカーが多いことは
有難いことですよね。


故意に壊したわけでない限り
六年間の無料保証付きなど、メーカーの
アフターサービス体制はとても整っています。


最初の一年間は無料で保証するなど
様々な条件はあります
この保証は男の子にはありがたいサービスですね。


ランドセルの特別なポイント



A4 サイズが入るなど、最近は機能性も
進化し続けるランドセルですが、各メーカーで
それぞれ自信を持っているポイントがあります。


フィットちゃん


隙間を作らない新しい構造、髪が挟まりにくい、
肩ベルトが左右それぞれにスライド可能な設計など
背負いやすさがポイントです。

ea92d2674ee0e309809a9e1ff744823e_s
天使のはね


学年と共に増える荷物や天候など
多少の荒い扱いにも対応した
丈夫さが魅力です。


ララちゃん


世界で一つの自分だけのオリジナルランドセルを
作ることが可能なオーダーメイド方式で
柄やデザイン、大きさ、色など組み合わせ自由です。


ふわりぃ


何と言っても軽さが売りです。
見た目はコンパクトなのに中身は沢山入るなど
軽さやコンパクトさにこだわった商品もあります。


萬勇鞄


流行りの工房系ランドセルの
特長でもある
職人さんの手作りです。


手縫いで皮などの素材にもこだわり
ランドセルという子供の持ち物より
もはや「鞄」ともいえる商品が魅力ですね。


ランドセルのデザインや色



最近のお子さんは
とてもオシャレでデザインや柄に
かなり興味がありますよね。


それに応じて
各メーカーのデザインも
大変凝っています。

lfkflfkf (2)
刺繍入り商品はもはや当たり前のように
各社にあり、カラーに至っては
女の子用ランドセルが特に魅力的です。


パールカラーなども
発売されていて
人気を博しています。


女の子でも黒などシックな色を好む子のために
黒を基調にしたカラーバリエーションまであり
お気に入りが必ず見つかります。


いかがでしたか?
どのメーカーも耐久性、安全性、軽さなど
全てに総力を注いで商品を生み出しています。


ですので後は
お子さんが気に入った物や
使いやすさが重要となります。


ショールームや販売店に一度見に行かれて
実物を見たり背負ったりして
最終的に判断されるのが良いですね。


スポンサードリンク






人気ブログランキングへ

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
気になる話題Pickup!
人気記事一覧
管理人プロフィール