花子 » 夏祭り » 山形花笠まつり

山形花笠まつり

読了までの目安時間:約 5分

山形花笠まつりに
ついてお伝えします。


スポンサードリンク




山形といえば!



夏になると日本各地で
多くのお祭りが
盛大に開催されますね。


梅雨に入った東北地方でも
待ち遠しいのは
夏まつりです。


山形といえば、さくらんぼ花笠まつり
と言えるくらいに有名なお祭り、
花笠まつりの時期が今年も近づいて来ました。


とても華やかなお祭りで
毎年多くの
観光客が訪れますよ。


そんな山形花笠まつりの
歴史や今年の情報などを
ご紹介します。


山形花笠まつり



元々花笠まつりは、昭和38年に山形県や山形市が
「蔵王夏まつり」の「花笠音頭パレード」として
蔵王のPRのために始めたお祭りの一部でした。


その後、昭和40年に
「山形花笠まつり」として
独立して行われるようになったのです。

65
花笠踊りで歌われる、花笠音頭は
山形の山村地域で昔歌われていた「土突き唄」が
原型になっていると言われています。


現在の花笠音頭は、元から伝わる二歌詞に
募集して採用された十三歌詞が
プラスされた十五歌詞で構成されています。


昔は地域によって
様々な踊り方をしていましたが
昭和38年には皆で同じ踊りを行う形になりました。


今では正調男踊り・正調女踊り・
笠回し系花笠・創作踊りなどが出来上がるなど
常に変化を遂げてきたのです。


有名な「ヤッショマカショ」の掛け声と共に
山形の花である「紅花」がモチーフになった
笠で踊る華麗さが光るお祭りです。


山形花笠まつりの基本情報



今年で第53回を数える
山形花笠まつりの
今年の情報はこちらです。


開催期間:8月5日(水)~8月7日(金)
開催時間:18時~21時30分頃まで
開催場所:中心市街地など


十日町、本町七日町通りから
文翔館までつながる1.2キロの直線
繰り広げられる花笠踊りは圧巻ですよ。


スポンサードリンク



山形花笠まつりの見どころ



約150団体、13,000人の参加者で踊る勇ましい
正調男踊り「蔵王暁光」と華麗な正調女踊り
「薫風最上川」などが一番の見どころです。


祭りには「飛び入りコーナー」があり
個人や20人以下の小グループで
参加することが可能ですよ。


市役所前で18時頃から30分程度行われる「輪踊り」
もしくは、パレードの最後尾「飛び入りコーナー」
プラカードの後ろで一般の方も踊れます。


踊りがわからない場合でも
踊りの先生がいるので
安心して参加する事ができますよ。


また、市役所前には、車いすの方や
その他身体の不自由な方専用の
バリアフリー見学席が設けられています。


メールやFAXでの申し込みが必要で
各時間で先着15名、団体は5名までと
席に限りがあるのでご注意下さい。


制限があることは残念ですが
こういった心配りは
とても大切ですね。

jkjhh (2)

山形花笠まつりの体験談



全国から工夫を凝らした衣装で参加する
団体の踊りや、男踊り、女踊り、笠回し踊りなど
色々と楽しめることが素敵です。


太鼓や山車も迫力がありますし
観光客や県内の方を、毎年大いに
楽しませているお祭りです。


山形花笠まつりの駐車場について



車の場合、お祭り会場である
七日町などの中心市街地に
駐車場があります


30分100円~、
1泊500円~など
料金設定はそれぞれ違います。


また、会場周辺は17時50分~22時頃まで
交通規制が敷かれますので
ご注意下さいね


いかがでしたか?
飛び入り参加も可能な気さくなお祭りを楽しみに
今年は山形までお出かけがおススメですよ。


スポンサードリンク






人気ブログランキングへ

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
気になる話題Pickup!
人気記事一覧
管理人プロフィール