花子 » お正月 » お年玉 » 3歳のお年玉の相場は?

3歳のお年玉の相場は?

読了までの目安時間:約 5分

3歳のお年玉の相場は?

そろそろお年玉が何で
お年玉をもらうことが嬉しいことが
わかるようになる年頃です。

あげる立場になると、
何かと大変ですよね。


スポンサードリンク



3歳ぐらいのお子さんのお年玉なら
1000円前後で十分でしょう。

取引先や上司のお宅なら
少し頑張って3000円ぐらいで
十分だと思いますよ。

お年玉について、気になることを
私なりにまとめてみようと思います。

お年玉いつからもらえる?


お年玉をいつまらもらえるか
時期は決まっていません。

毎年訪れる親類があり
お子さんがおられるならば
お年玉の用意が必要でしょう。

学校別相場

小学生以下→500から1,000円
小学生→3,000円
中学生→5,000円

高校生→1,0000円
高校生以上はあげてません!

お年玉をあげる時の注意点は?


お年玉をあげる時に注意している点を
いくつか上げてみました。

注意しているというか、こだわりは
ぽち袋を同じものにしない
ことです。

中身より、ぽち袋のデザインに
こだわってしまいます。



子供が小さい時はお金の価値も
さほど重要ではありません。

ポチ袋のデザインや特徴だけでも
喜んでくれるものです。

少し個性的なポチ袋や
メッセージを書いたポチ袋を
作るようにしています。

お年玉の面白エピソード


お年玉を毎年上げていると子供の
表情も様々で、いろんな思い出があります。

その中でも特に面白かった
エピソードを一つ紹介します。



これは、かわいい子どものつぶやきです、
正月に、おじいちゃんとおばあちゃんから
お年玉をもらった息子。

中身も確認せず、真っ先に私のところへ
嬉しそうに持ってきました。

母:『えらいねー。おじいちゃんと
  おばあちゃんにもらったん?
  良かったねー。じゃあ、大事に
  持って帰って貯金しとこうね。』

息子:『ダメよ!』

母:『何で?』

息子:『だって、お母さん〝チョッキン〟するんでしょ?』

母:『チョッキン? あー!貯金??

息子は、大事な大事なお年玉を、
はさみでチョッキンされると思ったので、
必死に『ダメ?!』と言ってました。

かわいい聞き間違えで、お正月早々、
笑顔いっぱいになりました。

子供の貯金のその後


子どもが小さい頃は、私が預かって、
後日、子ども名義の口座に
貯金していました。

中学生くらいになると、金額を決めて、
お小遣いと貯金というふうに
分けてました。



大きくなると、友だちと買い物に
行くことも増えたので、お年玉で
好きなものを買ってます。

高校生では、バイトなんかしてると
自分の口座に振り込まれたりしているので、
全て子どもに管理させています。

渡してきたら、私が預かっている
子どもの口座に貯金してます。

小さい年齢でも、おもちゃは
買いません。

※クリスマスと重複するので
違うものに変更しています。

好きなお菓子を買ったり、
絵本や服を買ったりすることもあります。

0歳のお年玉の相場は


0歳時のお年玉の相場は
気持ち程度だけ渡します。

初めてのお正月なら、
お祝いの気持ちも込めて1万円を
もらったこともありました。

基本的には、1,000円程度の
金額
でいいと思います。

こればっかりは、人それぞれの
感じ方で違いますね。

祖父母あたりになると嬉しくて
渡したいでしょうから、
その場合はおまかせで!

兄弟関係は気持ち程度か
今後のことも踏まえて
相談して決めるのがいいでしょう。

1から3歳くらいの小さい子は
中身の金額より、かわいいぽち袋の方が
魅力的だったりします。

金額は二の次で、子どもの笑顔がいっぱい
見れるお正月にしたいですね!


スポンサードリンク






人気ブログランキングへ

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
気になる話題Pickup!
人気記事一覧
管理人プロフィール