花子 » 未分類 » お年玉の相場2015の適正価格は?

お年玉の相場2015の適正価格は?

読了までの目安時間:約 5分

お年玉の相場2015の
適正価格はいくらぐらいでしょう?

今どきのお年玉事情について
考えてみました。


スポンサードリンク



子供にとって一大イベントの
お年玉ですが、大人にとっては
憂鬱なイベントでもあります。

消費税もガソリン代も上がっているのに
お年玉って変わらず必要経費ですよね。

小さい時にお年玉を貰いすぎて
お母さんに預けなさいと強奪された事は
無かったでしょうか?

私は親戚が多く、軽く5万は
超えていました。

おそらく両親からすると、お年玉の
総額は子供には多すぎるって
思ったからだと思うんです。

母はすかさず、貯めておくので
貸しなさいと、取り上げられる。

手元に残ったのは5000円くらいでした。

成人してから、そういえば預けていた
お年玉は?と、聞くと大抵が
使われているケースも多いのでは?

後に知った話しだが、私の教育費に
全て使ったらしく、子育ての難しさを
痛感しました。


そもそもお年玉ってなぜあげるのか?

お金を渡す意味は?昔からお金を
あげていたのか?そうではないようです。

昔は正月に餅をあげていました。

なぜ餅なのか?昔は餅を魂と見立て、
今年も魂が一つ増える例えとして
あげていたそうです。

お雑煮に餅を入れるのは体内に
魂とを取り込む為の儀式として
行われていたそうです。

地域によって異なるが、餅を小さく
丸めて魂の形に例え、食していた地域も
あるそうです。

また年の賜物と言われており
「としだま」と言われる
説もあるそうです。

ではどれくらい包めばいいのか?
毎年決まった金額しかあげない方も
いるそうですが大体の金額は
次の通りです。

一般的な相場より少し少ないと
感じるかもしれませんが、
私はコレぐらいで十分だと
考えています。

0歳時から3歳くらいまで

飴玉から200円程度
でしょう。高額なお年玉の必要は
ないと思います。

基本的にお金の概念が、
ある年齢ではありません。
お菓子や飴玉で大丈夫です。

もしあげるなら100円200円程度
50円玉であげると喜ばれます。

幼稚園から小学校低学年

500円から2000円ぐらいでしょうか。

まだまだお金の大切さがわからないので
包み過ぎないようにしましょう。

500円玉であげるとお年玉感が
でて良いでしょう。

記念コインなどの
ちょっと凝ったお金だと
使わずに大事にするかもしれませんね。

小学校高学年

2000円から3000円、多くても
5000円でしょうね。

お金に対する興味が湧いてくる
年でもあります。

無駄遣いをしたりするので
もし貰いすぎたら、貯めておくと
言って没収して調整しましょう。

最初が肝心です。
無駄遣いは教育費上よくありません。

中学生

3000円から5000円が
いいと思います。

10000円上げると子供は喜ぶでしょう。
ですが、思春期で恥ずかしがって顔を
出さなくなります。

顔を出さないならあげる
必要はありません。

せめて新年の挨拶に来るぐらいは
子供でも礼儀でしょう。

高校生

5000円から10000円ぐらいが
一般的でしょう。

もしかしたら10000円が
多いかもしれませんね。

アルバイトできる年、バイトを
しているのであれば、大人とみなし
お年玉は、あげる必要はないと思います。

大学生

10000円が相場でしょうね。

個人的には大学生には
もう必要ないと思っています。

正直20才を過ぎてあげたくないです。


成人しているけど学生だからとか
甘い考えだと思います。

金がほしければ働けばいいし
あげるのは19才までぐらいでしょう。

社会に出て行く用意としても
そろそろお年玉は卒業でいいでしょう。

両親

20000円から上限なし
ですね。生活に困らない程度に
さし上げてください。

育てくれてありがとう。
わたしが成長できたのはあなたたちの
おかげです。親孝行していますか?

とまあ、こんな感じでしょう。

子供のうちからお金の大変さを
おしえておきましょう。


スポンサードリンク






人気ブログランキングへ

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
気になる話題Pickup!
人気記事一覧
管理人プロフィール