花子 » 家事 » 畳のカビ退治と予防法は?

畳のカビ退治と予防法は?

読了までの目安時間:約 4分

畳のカビ退治と予防法
についてご紹介します。


スポンサードリンク




畳の文化



イグサの香りや、その感触からの
癒しや心の落ち着きも
与えてもらっているような畳。


最近では畳の敷かれた和室が無いお宅も
多くなりましたが、やっぱり日本人にとって
畳は大切な文化の一つなのではないでしょうか。


我が家にも和室があり、ごろんと横になって
深呼吸すると、とてもリラックスできる
私の一番お気に入りの部屋でもあります。

女性3
でももし、そこにカビ菌が
浮遊してたらと思うと、
とても恐ろしくなります。


畳を敬遠する理由の一つには、
清潔に保つための管理が大変
という事も挙げられるかもしれません。


畳はフローリングなどと比べると、確かに
菌の付着が多く、気がついたらカビだらけだった
なんてこともしばしば見受けられます。


そこで、私なりに調べた
畳のカビ退治法と予防法
ご紹介したいと思います。


畳のカビの原因



一般的に、畳以外のほとんどの建材は
化学物質で処理をされているか、
熱処理されています。


畳は自然の物そのままを使った、数少ない建材
ともいえますが、それが生き物にとっては
生息しやすい環境となるわけです。

a0002_006305
また、青々とした色に見せるために
色粉や染色剤を使用している事がほとんどなので、
これもまた嫌なカビにとっては栄養源となります。


畳に使われるイグサは
多孔質なので、
多くの水分を吸収できます。


そのため高気密・高断熱の住宅において
室内を高湿度に保っていると、あっという間に
畳がカビだらけになってしまうのです。


それでは、どうしたら
この嫌なカビを
防げるのでしょうか。


またカビが生えてしまったら
どうやってそのカビを
落とせばよいのでしょう。


スポンサードリンク



畳のカビ退治と予防法



まず用意するものは、
マスク・ゴム手袋・消毒用アルコール・布です。
しっかりと換気をしながら行って下さい。


出来てしまった畳のカビをとるのは、
消毒用アルコールが良いとされています。
水ぶきは避けましょう。


布に消毒用アルコールを
十分に湿らせ、畳の表面を
目に添って拭き取ります。


これによって菌はほぼ死滅しますが、
新しい畳の場合は
青い色も取れてしまうので注意が必要です。

a0002_010917
また、カビの色素は残る事があります。
どうしても気になるときは、
カビ取り効果のある漂白剤を使ってみましょう。


エタノールなどで拭き取り、
あとはしっかり風通しを良くして
乾燥させます。


畳のカビ予防としては、
昔から言われている
天日干しが一番です。


少し大変ですが、
1年に1回は
やっておきたいですね。


その際にも、畳のヘリや裏側
床のコンパネ部分にも
アルコール消毒をしておきましょう。


普段はカビの餌となってしまう埃をためないよう
こまめに履き掃除や掃除機をかけてから、部屋の
風通しを良くして乾燥させておけば大丈夫です。


日本人にとって大切な畳文化、
正しい知識と管理法を
子供たちにも伝えていきたいものです。


スポンサードリンク






人気ブログランキングへ

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
気になる話題Pickup!
人気記事一覧
管理人プロフィール