花子 » 季節行事 » 父の日に子供からの手作りプレゼント

父の日に子供からの手作りプレゼント

読了までの目安時間:約 6分

父の日に子供からの
手作りプレゼント
についてご紹介します。


スポンサードリンク




子供からありがとうの伝え方



もうすぐ6月21日、父の日ですね。
小さい子供たちからパパへのプレゼントは
何が喜ばれるでしょうか?


プレゼントは買って届ける。
しかし、まだお小遣いもない子供たちなので
何か買うことはできませんよね。


そこで、手作りをして
その子なりの気持ちを伝えるという
経験をさせるのはどうでしょうか?


今回は、子供が手作りできる
父の日のプレゼントを
ご紹介します。


統計一位の似顔絵



実は、毎年の統計で
お父さんが子供からもらって嬉しいプレゼント
似顔絵なんですよ!

lfkflfkf (2)
画用紙に大きく書いて、そのまま渡すか
小さい似顔絵ならば、パウチパックをしましょう。
汚れから似顔絵を守ってくれます。


お財布などに入るサイズに縮小コピーして
パウチしたり、100円ショップでも手に入る
写真プリント用紙にプリントしてもいいですね。


これならお財布に入れて、いつも持ち歩けるので
お父さんもますます大喜びですね。
嬉しそうに会社で自慢する様子が目に浮かびます。


描いた似顔絵を、余っているうちわのサイズに
合わせてカットして、うちわを作ってみても
これからの暑い季節にいいかもしれません。


しかし、せっかく描いた似顔絵が
ガタガタとした感じになることに
お子さんが納得いかないかもしれません。


そんな時は、うちわと同じサイズの
プラ板をカットして
先に貼り付けるのも手です。


絵を描いたりできない、小さなお子さんの場合
手や足に絵の具を塗り、紙に手型や足型をとって
パウチしてみるのはいかがでしょうか。


裏に日付を書いておけば
何歳の時のプレゼントか
わかりやすいですね。


凝ってキーホルダーやストラップに



写真などを入れることができるキーホルダーを
お母さんが用意してあげて、
中に入れる絵をお子さんに描いてもらいましょう。


キーホルダーが
手に入らなければ、
プラ板作りでも大丈夫です。

hanako (22)
プラ板の説明書に従って
圧縮加減がわかったら、大きめに描いてもらい
トースターへ入れます。


初めて作る場合は、
お父さんの似顔絵を描く前に
好きな絵を描かせます。


仕上がりを見せ、
こんなふうに縮んでできて面白いんだよ
ということを教えてあげてくださいね。


描いたお父さんの顔が縮んでいくことを
先に教えておくと楽ですね。
紐を通す穴を開けるスペースもお忘れなく。


スポンサードリンク



メッセージの伝え方



文字が書けるのならば
やっぱりメッセージカードも
贈りたいですね。


気持ちを伝えるために手紙を書く
という方法があるということも
合わせて教えられますよ。


大きめのビスケットや
クッキーにデコペンで書く
メッセージもいいですね。


甘い匂いに誘われて、
これなら筆が
進んでしまいそうです。


文字を書くことが
少し難しいお子さんは
ビデオ撮影はいかがでしょうか。


ビデオ撮影機器がなくても
今は携帯電話で
簡単に動画が撮れますよね。

30
お子さんも、ビデオ撮影に
恥ずかしそうにしながらも
喜んでおしゃべりするでしょう。


赤ちゃんなら「あ~」と
言うくらいかもしれないですが、
それも立派なメッセージになりますよ。


体で感じることができる肩たたき券



やはり肩たたき券は王道で、懐かしいですね。
嬉しい!自分が貰える時がきたなんて
と親の私は感動してしまいそうです。


厚手の紙に「肩たたき券(~回)」と書いたものを
いくつか作り、切り離せるように
点線を書いたりして、簡単にできます。


折り紙が得意なお子さんなら
好きな形に折った後に、肩たたき券の
文字やナンバーを書いてもいいですね。

58
他に、単語カード(受験生がよく使う物)を
10枚程にして作るのもいいですね。
100円ショップに色々な種類がありますよ。


また、単語カードは100枚綴りに
なっている物が多いので、残ったカードで
パラパラ漫画にも使えます。


小学生くらいのお子さんなら
肩たたき券に合わせて
作ってみてはいかがでしょうか。


例えば、世界でたった一つのお父さんのお話。
お話の中に、日々お子さんが感じる
お父さんの姿が描かれるでしょう。


他にも、「足もみ券」や「背中流し券」など
色々なバリエーションを
一緒に作ることもできますね。


パパが喜びそうなことは何かな?
などと、お母さんが
子供に聞いてみてもいいですね。


手作りのプレゼントを贈って
父の日の「時間」「空間」「気持ち」が
今年も家族みんなの心に残りますように!


スポンサードリンク






人気ブログランキングへ

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
気になる話題Pickup!
人気記事一覧
管理人プロフィール