花子 » 夫婦 » 夫婦喧嘩をしない方法

夫婦喧嘩をしない方法

読了までの目安時間:約 5分

夫婦喧嘩をしない
方法をお伝えします。


スポンサードリンク




喧嘩の理由や解決法は?



新婚さんでも
長く連れ添った御夫婦でも
避けては通れないものが喧嘩です。


喧嘩で熱くなったことがきっかけで
言いたくなかったことをつい言ってしまったり
逆に言われてしまったりしますよね。


自分が悪いと分かってはいても謝れないことや
相手が悪いのに謝ってくれないなど
謝れないことが悪循環に結び付きます


今回はパートナーと
喧嘩しないための言葉の言い回しを
ご紹介したいと思います。


口頭に「私の意見だ」と伝える



喧嘩をしてしまうとき、
真剣な話をしていることが
多かったりしませんか?


パートナーを批判したり、バカにしているつもりは
ない自分の意見としての発言でも、相手がそれに
熱くなってしまい自分にも飛び火してしまったり。

13
そこから始まる喧嘩が
望んでもいない悲劇になってしまうことも
少なくありません。


そんな時はまず、自分の意見を発する前に
「私の意見として聞いて欲しいのだけど」と
口頭につけ加えるようにしましょう。


この言葉には「あなたの意見も聞くけど
まずは私の意見を聞いて欲しい」
という意味も含まれています。


こう言われると相手も
冷静になって
話を聞いてくれるはずです。


相手が先に意見を言ってきたとしても
相手の意見を汲み取った上で
話をすることがポイントです。


少し時間を置いてでもいいので
まずは自分の考えと相手の意見を
照らし合わせてみましょう。


「こう言うと喧嘩にならないかもしれない」などと
冷静に判断すること
喧嘩にならない1つのポイントとなります。


「嫌な思いさせたらごめんね」と伝える



相手にとって明らかに不利な意見を言う場合
相手の機嫌を少しでも損ねないためにも
この言葉を伝えるようにしましょう。


「私の言葉で嫌な思いさせたらごめんね」
口頭や意見を伝えた後に言うだけで、相手への
マイナスの印象を和らげることができるはずです。


これは自分の意見を発言しつつも
相手のことを思いやっている
言葉遣いになります。


相手に嫌な思いをさせることなく
話し合うことができるので
是非とも活用してみてください。


スポンサードリンク



意見を伝えるため「最後まで聞いて」



話し合いがヒートアップすると
相手が話している最中に遮ってでも
自分の意見を言ってしまうことがありますよね。


逆に自分の意見を話している最中に
相手が熱くなってしまい遮られてしまうと
あなたの意見はきちんと伝わらないままです。


意見を述べることはとても大切です。
相手が話を遮りそうになったときは
「最後まで聞いてほしい」と一言伝えましょう。


この言葉一つで
相手の熱は下がるはずなので
まずは相手を落ち着かせて話しましょう。


腑に落ちない顔をされてでも
まずは自分の気持ちをはっきりと伝えることが
一番の解決策になるのです。


喧嘩の後は必ず謝る



喧嘩をしたら謝ることが大切です。
これは夫婦関係を
長続きさせるための基本です。


今回は自分が悪いと
自覚していることならば
なおさら謝ることをオススメします。

fdfkdl (1)
謝るということは「素直に意見を言ったけれど
あなたに辛い思いをさせた自分を許して欲しい」
とお願いすることと同じなのです。


どんなに酷いことを言ったとしても
ただ一言「ごめんね」と伝えるだけで
全てが解決することがほとんどです。


謝らなかった後悔をいつまでも
拭えないままにしていると、どこかでそれが
自分自身を苦しめることにもなります。


やってしまったという後悔よりも
謝らない後悔
なるべく避けるようにしましょう。


夫婦間だけではなく、社会や学校でも
適用できることですので、是非とも
この言い回しを使う意識をしてみましょう!


スポンサードリンク






人気ブログランキングへ

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
気になる話題Pickup!
人気記事一覧
管理人プロフィール