花子 » 夏祭り » 弘前ねぷたまつり

弘前ねぷたまつり

読了までの目安時間:約 4分

弘前ねぷたまつりを
ご紹介します。


スポンサードリンク




弘前ねぷたまつり



青森ねぶたまつりと共に
津軽四大夏祭りに
数えられる弘前ねぷたまつり。


青森ねぶたまつり同様に
多くの観光客、市民の皆さんを
楽しませている夏の風物詩です。


様々な説がある中、江戸時代から行われてきた
「松明流し」「精霊流」「盆灯籠」などが
今のような形になったと定説しています。


他には、坂上田村麻呂が平安初期に
大きな人形を作らせて、
これで敵をおびき出したという説もあります。


農作業が盛んになる夏に
眠気や災いを村外に流すという目的で
行われてきたのです。

a1080_000041
災いはともかく、眠気とは結構現実的な話ですね。
確かに人間は眠気に勝てないものですし
振り払えたらどんなに良いかといつも思っています。


昭和55年には、重要無形民俗文化財にも指定され
ますます盛り上がりを見せている
日本中で愛されるお祭りの一つになりました。


三国志や水滸伝の
武者を象った大きなねぷたが
練り歩く様が勇壮なお祭りです。


弘前ねぷたまつりの基本情報



今年も暑い夏を更に熱くする
弘前ねぷたまつりの
基本情報をご紹介します。


開催期間:8月1日(土)~8月7日(金)
開催場所:青森県弘前市内


期間中は、いくつかのコースを運行します。
1~4日:19時~土手町コース
5・6日:19時~駅前コース


7日最終日は、
「七日日なぬかび」と呼ばれていて
10時~土手町なぬか日コースとなります。


1日と2日の運行は
「弘前ねぷたまつりコンテスト」が
行われます。


各団体が、大小様々な
自慢のねぷたを披露して
コンテストに挑んでいます。


審査結果は2日の23時頃に発表される予定です。
祭りには毎年、多くの団体が参加していて
年々その数を増やしています。


スポンサードリンク



弘前ねぷたまつりの見どころ



やっぱり、大きなねぷたは祭りの見どころです。
夜の闇の中でたくさんの勇壮なねぷたが
どんどん迫りくる迫力に圧倒されてしまいますね。


最終日のなぬかびの夜には
岩木川河川敷において、ねぷたを火で清める
「なぬかびおくり」があります。


そして、岩木川の土手をいくつかのねぷたが
運行する「ねぷた流し」など
より幻想的なイベントが行われますよ。


7月1日~7月23日まで、有料観覧席の
販売もありますので、売り切れ前に手に入れて
ゆっくり見るのも良いですね。


8月1日~4日には
津軽情っ張り太鼓の演奏など
他にも見どころ満載です。


また、お祭り期間中に
いくつかの愛好会や保存会などで
自由にお祭りに参加する事もできますよ。


参加ご希望の方は
弘前市立観光館0172-37-5501まで
お問い合わせ下さい。

a1080_000040

弘前ねぷたまつりの体験談



青森ねぶたに比べると
混雑も少ないので
見やすいことがおススメポイントです。


やはり、夜に浮かび上がる
ねぷたが何とも美しい姿で
感激する方も多いですよ。


ねぷたの色が
鮮やかで濃いことも
美しさに磨きをかけますね。


弘前ねぷたまつりの駐車場について



特別に臨時駐車場はありませんので、近隣の
コインパーキングや民間の駐車場をご利用下さい。
迷惑駐車などしないよう気を付けましょう。


いかがでしたか?
青森の夏を照らすお祭りの一つである
弘前ねぷたまつりに、ぜひお出かけ下さいね。


スポンサードリンク






人気ブログランキングへ

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
気になる話題Pickup!
人気記事一覧
管理人プロフィール