花子 » 夏祭り » 宇出津あばれ祭

宇出津あばれ祭

読了までの目安時間:約 4分

宇出津あばれ祭に
ついてご紹介します。


スポンサードリンク




毎年、暑い夏が来ると
頭の中がお祭り状態になる
という方も日本中にたくさんいますよね。


長い梅雨から解放されて
テンションもますます上がるこの時期に
日本各地で魅力的なお祭りが開催されます。


歴史と伝統を兼ね備えたお祭りの中から
今回は、石川県能登町で開かれる
「宇出津あばれ祭」についてご紹介します。


宇出津あばれ祭



350年前に疫病が流行り、それを京都の祇園から
牛頭天王をお迎えして祭礼を行い
疫病を鎮めることができました。


それを地元の民たちが喜んで
キリコと呼ばれる奉燈を担いで
八坂神社へお参りしたことが始まりです。

hgjghk (24)
キリコとは、切子灯籠の略で
能登のお祭りには欠かせない
アイテムでもあります。


このお祭りは、
燃え盛る大きな松明の中、キリコの上で
太鼓などを鳴らしながら練り歩きます。


そして、お神輿を
火の中や海、川の中に投げ込むなど
正にあばれ祭の名前そのもののお祭りです。


祭りは石川県の無形民俗文化財にも
指定された、地元の方たちが
誇れるお祭りの一つでもあります。


勇壮で男らしく
見ていてもスッキリするような熱さで
会場を熱気で包みます。


宇出津あばれ祭の基本情報



開催期間:7月3日(金)、7月4日(土)
開催場所:能登町宇出津地区内


この時期は地域一帯が
祭り一色になる程、
大事なお祭りなのです。


この祭りが合図になり
能登の他のお祭りも
次々と始まります。


スポンサードリンク



宇出津あばれ祭の見どころ



初日の3日(金)は
キリコの大松明大乱舞
21時~24時まで行われます。


40本のキリコと人が
入り乱れて行われる
勇壮な乱舞は迫力満点です。


4日(土)には
2基のあばれ神輿巡行
21時~1時の間に行われます。


通常、大事に担ぐという印象のある神輿を
川の中に投げ入れたり
火の中に入れたりする珍しいお祭りです。


しかし、あばれることで
感謝を示しているのだそうです。
感謝の表し方は多様だという事ですね。


2日間とも、メインは夜の遅い時間になりますので
お子さんの迷子や足元にも
十分に気を付けてお祭りを楽しんで下さいね。


宇出津あばれ祭の体験談



お祭り当日は
お清めを済ませたお神輿は
厳かに鎮座しているように見えます。

63
しかし、いざ祭りが始まると
あちこちに叩きつけられたりと
本当に激しいお祭りです。


宇出津あばれ祭のアクセス方法



車:東京→金沢 関越または北陸自動車道利用
  大阪→金沢 名神または北陸自動車道利用
  金沢→能登 のと里山街道


電車:東京→金沢(新幹線)→能登(特急バス)
   大阪→金沢(新幹線)→能登(特急バス)


宇出津あばれ祭の駐車場



お祭り期間中は
臨時の駐車場がありますので
そちらをご利用下さい。


・遠島山公園駐車場
・宇出津新港臨時駐車場
・石川県漁協能都支所横臨時駐車場


いかがでしたか?
あばれ祭という名の通り勇壮で圧倒された
歴史と伝統のある宇出津あばれ祭にお出かけ下さい。


スポンサードリンク






人気ブログランキングへ

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
気になる話題Pickup!
人気記事一覧
管理人プロフィール