花子 » 夏祭り » 天神祭

天神祭

読了までの目安時間:約 4分

天神祭について
お伝えします。


スポンサードリンク




日本三大祭りといえば
京都“祇園祭”、東京“神田祭”、そして
忘れてはいけないのが、大阪“天神祭”ですね。


毎年大変な盛り上がりを見せてくれ、地元の方や
観光客の多くの方が訪れる大人気なお祭りです。
毎年行かれている方も多いでしょうね。


天神祭



天神祭は、約1000年の歴史があり
951年に大阪天満宮が鎮座され
祭事に川から神鉾(かみほこ)を流しました。


そして流れ着いた場所に祭壇を設け
そこで禊(みそぎ)を行ったことが
始まりだと言われています。


その後も中止を余儀なくされたりと
困難を乗り越えながらも
皆で守り伝えてきたお祭りです。

jkjhh (3)

天神祭の基本情報



6月下旬~7月下旬にかけて
お祭りは行われますが、
7月24日と25日がメインとなります。


開催期間:7月24日(金) 宵宮
     7月25日(土) 本宮
開催場所:大阪天満宮など


24日は宵宮と呼ばれ、一番太鼓で祭りが始まり
無事を祈願する宵宮祭や
橋から鉾を流しそれを船で拾い上げる鉾流神事
獅子舞などが厳かに執り行われます。


25日は、本宮祭に始まり
神霊移御、船渡御列、船上祭、
奉納花火など祭りらしい行事が様々行われます。


その他にも、7月1日から
色々な行事が既に
開催され始めています。


天満天神七夕祭、伏見三十石船献酒式、
天神祭ギャルみこしなど面白そうなものがあります。
24、25日には行けなくても楽しめそうですね。


スポンサードリンク



天神祭のみどころ



見た事もないような神事や
祭事も見どころですが、花火は
子供から大人まで楽しめるイベントですよね。


7月25日(土)の本宮では
“奉納花火”が19時~21時の間執り行われ
4000発もの花火が見られますよ。


花火大会ではなく「奉納」なのですね。
花火を神様に楽しんでもらい
納めると意味なのでしょうか。


水上パレードと共に行われるので
更に優雅で美しい花火になります。
他にも、多くの屋台の出店もありますよ。


お腹もしっかり満たしてくれます。
焼き鳥とビール片手に
花火なんて最高の一日になりますね。


天神祭の体験談



日本三大祭りの一つだけあって
多くの人で賑わいます。
やはり、本宮の25日は毎年混雑します。

_000648
昼も夜も楽しめるので良いですね。
奉納花火は、場所取り禁止の
場所もありますので注意して下さい。


天神祭奉納花火のアクセス方法



奉納花火に出かける際
花火を見るスポットは様々ありますが
電車の利用駅をご紹介します。


JR桜ノ宮駅、JR大阪天満宮駅、JR天満駅、
JR大阪城北詰駅、地下鉄扇町駅、京阪
または地下鉄天満橋駅などをご利用下さい。


天神祭の駐車場について



会場に臨時などの
駐車場はありませんので
公共交通機関をご利用ください。


お祭りはとても混雑し、交通規制も敷かれ
駐車場を探すことも大変な作業になりますので
電車やバスの方が便利ですよ。


いかがでしたか?
天神祭の時期の大阪の夏は、更にアツいので
ぜひ今年は大阪天神祭にお出掛けしてみて下さい。


スポンサードリンク






人気ブログランキングへ

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
気になる話題Pickup!
人気記事一覧
管理人プロフィール