花子 » 夏祭り » うわじま牛鬼まつり

うわじま牛鬼まつり

読了までの目安時間:約 4分

うわじま牛鬼まつり
についてお伝えします。


スポンサードリンク




夏祭りが始まる時期



梅雨が明けると、いよいよ夏祭りの始まりですね。
毎年、暑い夏にも負けないくらいの
活気あふれるお祭りが全国各地で開催されます。


“夏はやっぱりお祭りだ”と
心躍らせる方も多いことでしょう。
そこで、うわじま牛鬼まつりをご存知ですか?


愛媛県宇和島市で毎年開かれる
歴史あるお祭りの一つです。
勇壮なお祭りで多くの観光客を集めていますよ。


うわじま牛鬼まつり



朝鮮出兵の際、加藤清正が戦の時に硬い板で
箱型を作り、そこに牛の皮を被せ牛の生首をつけた
“亀甲車”と呼ばれる物を作りました。


それを使い、敵の城から飛んでくる矢や石を
防いだり、兵士を亀甲車の上に乗せて
攻め入ったと言う武勇伝が伝わりました。

lfkflfkf (2)
この亀甲車の話が
地域周辺の牛鬼へと
つながったのです。


その後、江戸末期頃には
お祭りの形態としてこの牛鬼が登場し
現在まで脈々と受け継がれてきたのです。


現代の牛鬼は、5・6メートルの山車
牛革の代わりに、胴体に赤い布などを
被せるように変化しました。


赤い布を使うようになったのは
昭和初期の頃と言われています。


いろいろと工夫を凝らしながら
今まで続いてきた
歴史のあるお祭りです。


うわじま牛鬼まつりの基本情報



うわじま牛鬼まつりは、今年で第49回を数えます。
開催期間:7月22日(水)~7月24日(金)
開催場所:宇和島市内


宇和島市内にある、山家清兵衛を祀った
和霊神社の夏祭り「和霊大祭」も
毎年7月23日、24日に同時に行われます。


スポンサードリンク



うわじま牛鬼まつりの見どころ



祭り期間中の3日間
毎日が見どころ満載といえる程に
多くのイベントが続くお祭りです。


・うわじまガイヤカーニバル
 高知県のよさこい踊り、徳島県の阿波踊りと共に
 四国三大踊りとなる事を目指して始まりました。


 うわじまガイヤカーニバルは、
 コスチュームと、独特な
 リズムにのった踊りが魅力です。


・海上打ち上げ花火
 宇和島湾の海上から打ち上げられる花火は
 普段見るものと一味違った迫力のある花火ですよ。


・親牛鬼パレード
 このメインのパレードでは
 牛鬼を数十人で担ぎます。


 子供たちが“竹ぼら”というホラ貝のような
 音のする竹で作られた楽器を鳴らし、悪魔祓いを
 しながら牛鬼すとりーと~須賀川まで歩きます。

65
 牛鬼はとても大きく
 首を振る様は正に
 圧巻の一言に尽きますね。


 初めて見るお子さんは
 さぞかしビックリ
 することでしょう。


 また、「走り込み」と呼ばれる
 お神輿を和霊神社に勢いよく宮入させる行事も
 勇壮で見応えがありますのでお見逃しなく。


うわじま牛鬼まつりの体験談



大きな牛鬼に圧倒された、お祭りの曲がいいなど
注目すべきポイントは様々あるようですね。
屋台も出て、とても賑わうお祭りですよ。


うわじま牛鬼まつりの駐車場について



市役所周辺を中心に、数か所の
無料の駐車場がありますのでご利用下さい。
広々とした無料の駐車場はとても嬉しいですよね。


去年は7月24日のみ、JRの臨時列車が
運行されましたので、今年も運行されれば
列車で行くことも楽しいですよ。


今年の夏は、歴史あるお祭りとカーニバル、
そして花火も楽しめる
うわじま牛鬼まつりにぜひお出かけ下さい。


スポンサードリンク






人気ブログランキングへ

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
気になる話題Pickup!
人気記事一覧
管理人プロフィール