花子 » 受験 » 馬渕教室の中学受験の評判は

馬渕教室の中学受験の評判は

読了までの目安時間:約 8分

馬渕教室の中学受験の評判は
思った以上にいいみたいですね。

関西圏(特に大阪・京都)に
お住まいの方にお勧めの学習塾
ついてご紹介します。


スポンサードリンク



馬渕教室ってどんな塾?


馬渕教室ってどんな塾なのでしょうか?
個人のお名前のようですね。

「馬渕教室」です。歴史は30年程度ですが、
大阪府寝屋川市の小さな教室から始めて、
今ではマンモス塾として有名になった
学習塾です。

今では大阪と奈良にまたがって
たくさんの校舎があるようです。

塾といえば、星の数ほどあるし
その中から、子供にあった塾を探すのは
大変かもしれませんね。

創業者が尊敬していた先生の名前をとって
教室の名前にしたようです。

この塾の良い所は、各教師が熱心な所です。

馬渕教室の中学受験の口コミは?


馬渕教室の中学受験の口コミを
色々チェックしてみました。

馬渕教室は厳しすぎるぐらい
先生が熱心
なようです。

口コミも賛否分かれますが
それほど厳しいってことでしょうね。

クラス分けは受験校や偏差値などで
分かれているようですね。

特に偏差値が高いお子さんが
大事にされるのはどこの塾でも同じでしょう。

馬渕の良さは、偏差値の低いお子さんでも
本人のやる気さえあれば面倒見が
良い点ではないでしょうか?

とはいえ、無謀な志望校を考えている
保護者には厳しい現実を伝えることも
あると聞いています。

特に、志望校が国立や私立によっても
問題の傾向も違うので適材適所が
分かれます。

その辺りを指導しながら、
チェックされるのだと思いますよ。

塾同志の争いごともあるようで
大変熱心な塾なのだということが
わかりました。

それだけ強敵だと判断された故に
他の塾からもパッシングを受けるように
なるって思いました。

おすすめポイント

馬渕教室のいいところは、駅から近く
子供の安全面にも配慮されている
ところでしょうか?


物騒な事件も多く、塾の送迎が
保護者にとっては大変だということを
ものすごく認識されているのだと
感じました。

教室の数も多く、主要な駅には
馬渕教室があるといった感じです。

とはいえ、どうしても優秀な生徒さんが
集まる地域や主要な校舎はあるはずです。

本人のレベルに応じた教室を
選べることも利点ではないでしょうか?

校舎を選ぶ時は?

私が個人的に大手塾に思うことは
やはり主要な駅に近い校舎
優秀な先生が配置されていると考えています。

おそらくコースがたくさんあるでしょうから
コースが難易度別に分かれているので
灘中学東大寺学園を目標にしたコースが
ある校舎がいいでしょうね。

大阪ならば国立大学の附属中学に強い
校舎など選び方によって先生の適材適所が
変わってくるのではないでしょうか?

これだけ優秀な塾がたくさんあるから
関西圏の中学受験は難易度が高いのかも
しれないですね。

馬渕教室の入塾方法は?


馬渕教室の入塾方法は
テストを受けることや体験授業に
参加する方法があります。

入塾テストは落ちることも想定してください。

特に、小学6年生での入塾は
難しいかもしれません。

※カリキュラムが進んでいるため
特殊な中受に対応できないこともある


比較的講習会から参加するのが
ハードルは低めだと思います。

まずは体験授業をオススメします。

馬渕教室の先生方は、情熱を持って
授業にあたっておられます。

経営として教師間での競争をかなり
煽っている部分もあるかもしれませんが
保護者にしてみればありがたいことです。

質問をすれば分かるまでトコトン
付き合ってくれます。授業時間外でも
1人で質問に行けば1対1で丁寧に指導
してくれます。

あくまで本人のやる気が最優先なので
自分から質問に行かなかれば、いい塾に
行っても成績は上がらないと思ったほうが
いいでしょう。

とにかく生徒が自分で考えて答えを
導き出そうとしているときには、
徹底的にそれを後押ししてくれます。

生徒においても競争心を煽るやり方を
されています。

クラス分けはもちろんテストの
偏差値によるものですし、
クラスの中でも成績順に席が
決まっているようです。

一生懸命頑張れば、成績はぐんぐん上がりますし、
やる気のある生徒は引っ張り
あげてくれる塾だと思います。

もし、やる気のない子供を勉強させたいと
思うならば、面倒見のよい、先生の怖そうな
個人塾の方が向いているかもしれません。

ある程度勉強する姿勢や、習慣をつけてから
馬渕教室のような引っ張ってくれる塾に
入れると更にいいかもしれません。


特別進学クラス・進学クラス等というように
クラスを分けて、成績によってクラス替を
頻繁に行いますから、子供も大変
影響を受けると思います。

ある程度形ができたお子さんは、
自由な校風の学校に行っても勉強するので
習慣が一番大事なんですよね。

過度の競争は、ついていけない人間に
とって大変つらいものです。

辛いと思われるなら、早めに修正
されたほうがお子さんのためだと思います。

ハードな競争が刺激となって、生徒を
「次のテストではもっと順位をあげたい」と
いう気持ちにさせるのです。

この競争心を煽るやり方は徹底していて、
節目で学年共通の大規模なテストを行い、
成績を掲示板に大きく貼り出されます。

授業の最後に課題を与えて一定の点数が
とれるまで帰れないテストもあります。

※点数がとれていれば
ストレートに帰れます。

時には遅くまで、帰れないなんてことも
受験の直前には出てくることもあります。

やる気を失ってしまった生徒には、
逆効果かもしれませんね。

たいていの子供には程度の差はあっても
向上心があるので、それを刺激する事は
大変効果的です。

自分のやっている事が目に見える成果に
なってダイレクトに帰ってくる、
という経験は嫌な部分もあります。

しかし、成績を上げるためには、
どこが悪くて、どう改善すれば良くなるのか、
それを点数という数字で計測する事が出来ます。

自分の進歩の度合や、他人との比較感で
どこまでの水準にいるのか把握する事が
早めに対応するには重要だと考えてくるのでしょうね。

これが明確にならないと全てが曖昧に
なってしまって、「やってもやらなくても同じ。
それなら楽しい事をやった方が良い」という
考え方に陥ってしまいがちです。

生徒に対して常に自分の立ち位置を把握させて、
少しでもそこから向上できるように
手助けをしてくれる塾だと思います。


スポンサードリンク






人気ブログランキングへ

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
気になる話題Pickup!
人気記事一覧
管理人プロフィール