花子 » 受験 » 岡山白陵の合格発表2016

岡山白陵の合格発表2016

読了までの目安時間:約 8分

岡山白陵の合格発表2016は
すでに発表が終わっています。


スポンサードリンク



平成28年1月5日に行われた
中学への入学試験の通知
今頃届いている方も多い頃では?


岡山白陵中学の合格発表は
合格通知の郵送前の封筒を学校にて
受け取る方法です。


学校にいくと、学校の校舎側にある窓に
担当の先生が数名窓際に立っています。


そこに行って受験番号を知らせると
自分の番号の書いた封筒を渡してくれます。


合格していると微妙に膨らみがあるので
持った瞬間合格が分かると思います。


不合格の場合、本当に薄い封筒なので
これまたすぐに合否を感じることが出来ます。

5dd6df6cbe1603dbe165a27c36fc5b16_s

現地に合格発表にこられなかった封筒は
同日に郵送されるシステムです。


基本的には専願の学校ですが
専願は二割程度でしょうか
多くの生徒が併願で
他を受験されるようです。


専願の場合は、専願予納金といって
事前に試験代+3万円ほど多く収めます。


不合格の場合は、発表直後から
専願予納金の返金手続きと
専願の入学金の手続きが取られます。


専願者の入学金の
納入受付が合格発表直後
混雑します。


本館の隣りにある事務のような建物で
専願者の入学金の受付がすぐに始まります。
事前に並んでおくとスムーズですよ。




ea92d2674ee0e309809a9e1ff744823e_s

とはいうものの、結果がわからないうちに
並んでおくのは、中々勇気が入りますね。
でも、それぐらい勇気がある方が
運も舞い込んでくるのかもしれません。


岡山白陵中学校は、
岡山駅よりも更に姫路方面に
20分ほど電車で乗り継いで行きます。


伯備線などの生徒は、乗り換えなく
白陵まで到着できるようで
意外と高梁方面からの生徒もいるようです。


下車する熊山駅
学校がなければ無人駅のような
人の乗降も少なそうな駅です。

それが受験の頃になるとわんさか
西や東から生徒が集まるのだから
受験とは面白いものですね。


岡山白陵は県内では最難関と言われる
有名私立進学校なのでとても人気です。


関西圏の受験者にとってはお試し入試
ような方が多く、受験遠征に来られる方も多いみたいです。


関西圏の受験は、1月の半ばから
後半なので、試しにウケて
実力を図る良い機会なんだとか。

a1180_012510

地元の岡山の方にしてみれば
迷惑な話かもしれませんが
それだけ関西のレベルが高いことになります。


そういえば2015年の
夏の甲子園のダイジェスト番組
熱闘甲子園の司会であるアナウンサーの
山本雪乃さんの母校だそうです。


山本雪乃さんの
熱闘甲子園への抜擢で
高校も有名になりましたよね。





2015年の合格実績でも
東大を始め岡大医学部への合格者も
多数輩出されているようです。




2015年度の大学合格者実績も
素晴らしいですが、
2016年の実績も期待されますね。


まもなく始まるセンター試験が
勝敗を大きく左右するところでしょう。


どうしてもその年の合格実績が
その次の受験者の傾向も左右するので
学校側も力が入る時期でしょうね。



岡山白陵中学校は、少し前に学校を改築したそうです。
教室も冷暖房も完備されているし
寮も綺麗になったんでしょうね。

少しでも受験者が増えるように
学校のいろいろ配慮されているのでしょう。




私の周りにも白陵に通われている
お子さんがおられます。


やはり進学校だけあって
お勉強が厳しく
耐えられずに辞めていくお子さんも
多いと聞きます。


その一方で、優秀な成績を修める
お子さんもおられます。


学校を選ぶ基準は
実績では選べないものです。


お子さんの性格や、体力
気質にも左右される部分です。


学校の説明会や
周りの方から情報を得るなど
しっかりと考えて選ばなくてはいけませんね。




白陵に行きたいと目指していたけど
不合格だったお子さんも
違う学校に行ってよかったケースもあります。


何度か、合格発表に立ち会って
歓喜する瞬間を目にしてきましたが
感動的です。


受験をさせることは自由ですし
受験を早くに経験させることは
複雑な思いでもあります。


受験をせずに、地元の学校に通われても
努力するお子さんも多いですし
先のことはまだまだわかりません。

結局、本人なんですよね。


本人が置かれた場所でどう咲くか?
ココが大事なんだと思います。


親は、その場所を提供しているだけ
咲くか咲かないか将来が楽しみです。


岡山県内の中学受験事情について


そういえば2016年1月9日、
県立中高一貫校の受験が行われました。


相変わらず、人気の大安寺中等教育学校の周りは
更に便利になりつつ有りますね。


中間一貫校に入ると学費は安く
質の高い授業が受けることが出来るのでしょう。
少子化ですが人気は高いです。



スポンサードリンク




高校からの入学者を取らないため
中学から高校範囲まで進めて
勉強することができるそうです。


中高一貫校は、岡山県のニーズに
合っている気がしますが
もう少し学校が増えると
親御さんもありがたいかもしれません。


a0055_000865
そのせいでしょうか、
12月から私立の受験が始まるのですが
激化している気がします。


私立にしてみれば
特待生枠などを設けて
公立に流れる優秀な生徒を
確保しようとする傾向があります。

確かに、格安で私立の
手厚い授業が受けれるのは
メリットはあるのではないでしょうか?


中学という果敢な時期
どうしても本人が勉強するとは
限りません。


私立の中学は宿題も多く
授業の進みも早いケースが多いので
多くの勉強を強いられます。


手厚い授業が私立学校の売りなので
勉強させたいご両親にとっては
ありがたいことでしょう。


そして、本人がその学校でやる気さえ出せば
本当に将来も頼もしい限りです。

a0001_017426


私立は、お金はかかりますが
それなりに細かくは見てくれるようです。


公立の値段の安さも魅力ですが
どちらが良いかということも
本人次第といった感じでしょう。


どちらの場合も塾を並行されることが
多いところが岡山の子供事情には多いみたい。


最終的には私立中学から県立高校
公立中学から県立高校へと進む生徒さんが多く
県立高校の人気が根強い岡山事情です。


あともう少し受験のシーズンが続きそうですが
体調管理には注意してお子さんのサポートを
続けていきたいですよね。



スポンサードリンク






人気ブログランキングへ

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
気になる話題Pickup!
人気記事一覧
管理人プロフィール